イソフラボンで女性の自信が甦る|万能な食品

大豆に含まれる成分

大豆

美容と健康を助ける

イソフラボンとは、ポリフェノールの一種である成分でマメ科の植物に多く含まれています。特に日本人に日常的に摂取されているのが、豆腐や味噌や醤油などに含まれている大豆イソフラボンです。エストロゲンなどの女性ホルモンと同じ作用があるとされており、女性に人気の栄養素です。また、イソフラボンは美容効果があるとして多くの女性に親しまれています。老化防止を助ける抗酸化作用を強く含み、アンチエイジング効果が期待できます。更にコラーゲンの働きを助ける効果もあるため、肌にハリや弾力をもたらしてくれます。それらの嬉しい効果に加え、新陳代謝も促してくれるので美白効果も期待できます。美容効果以外にも、がんの予防や血流改善など、男女を問わず体に嬉しい効果をもたらしてくれる優れものです。

上手な摂取方法とは

体や美容に嬉しい効果が期待できるからと言って、単に沢山摂取すればいいと言うものではありません。イソフラボンは、一日の摂取量の目安量が定められているのです。一日の食品から摂取できる上限値は70mg〜75mgで、一日の上乗せ摂取量は30mgになります。上乗せ摂取量とは、サプリメントや特定保健食品などで食品にプラスして摂取していい量の事です。食品からイソフラボンを上手く摂取できるものとして代表的なものに、納豆や豆腐、豆乳やおからなどがあります。それらの食品から直に摂取することはもちろん望ましいことですが、だからといって上手く食品から摂取できなくても大丈夫です。食品以外からでもお手軽にイソフラボンを摂取できるサプリメントも多いので、活用してみると良いでしょう。

疲れにくい身体を作る

女の人

細胞が酸欠状態になると、貧血が起こります。貧血を発症した場合、ふらついて立っているだけでも辛くなります。その為、貧血予防が重要になります。貧血予防には、アサイーの摂取が効果的です。食物繊維や鉄分を豊富に含んでいます。

この記事を読む

詳しく知っておく

ウーマン

スピルリナとは、数十種類にも及ぶ藻のことで、豊富な栄養素を含んでいます。似たような藻の食品としてクロレラがありますが、スピルリナのほうが栄養が豊富です。しかし、スピルリナを摂取することで、副作用が出ることがあります。副作用が出たら、水分を多めに摂取することで、老廃物の排出が促進されます。

この記事を読む

体内のアンモニアの解毒

サプリメント

オルニチンは、尿素回路を構成する遊離アミノ酸の1種で、尿素回路においては、オルニチン→シトルリン→アスパラギンと変化する事により、アンモニアを尿素に変え体外へ排出します。この効果により、肝臓の働きを助け、疲労回復に役立ちます。

この記事を読む